top of page
  • ttt

善戦?

サッカー日本VSブラジル。


サッカー王国の力は凄まじかった。


スコアは0-1での敗戦となりましたが、


実質それ以上の差を感じました。


善戦?


いえいえ。


ブラジルが本気じゃない。


ベンチには有名な選手たちも


まだまだいましたし、


時折見せるあの笑顔。


キツいです。


もちろん一方で、


日本代表も


ベスト布陣ではなく、


選手もベストメンバーでは


ありませんでしたが、


ここまで差があると


本大会はますます心配です。


予選で対戦する


スペインやドイツも


ブラジル並に強いです。


このままだとおしかったね


という善戦で終わり


結局0-1や1-2とか


僅差での勝負負けのように


なりそうです。


今回の結果論になりますが、


どのみちテスト的要素の高い


試合であれば、


本大会を見据えて


もう少し調子よく、


ノっている選手をスタメンから


試したり、従来とは別のポジションへの


コンバートも見てみたかったです。


今回の試合での、収穫はありません。


というか、


この選手はやはり通用するなという


確認に過ぎない試合でした。


せっかくのブラジルとの試合。


またとない絶好の相手でした。


その点で非常に残念でした。


東京五輪の時同様に


ある程度の固定メンバーや


試合の流れで投入する


選手等決まっており、


勝ち進んでも体力の限界


で結局選手層の厚さにより


敗れることとならないように、


この連戦を利用し、


もっとこんな選手がいて


こういったポジションもできるというのを


今の内から見せてほしかったかったです。


それが、日本の強みである


ユーティリティにつながると思います。


日本人の強みは、


気遣いができることです。


ユーティリティを生かし、


チームプレーに徹した組織力。


簡単に言えば思いやり精神が


あるのが組織力につながっている


と思います。


そこに今では、


海外でもまれ、


高いレベル違う環境で


身に着けてきた経験にて仕上りつつある


「個」が融合できてきております。


チームの底あげ。


奥行のある組織つくりを


行い、最終目標の


本大会でのベスト8以上の


結果を期待します。










Comentarios


bottom of page