top of page
  • ttt

常駐


コロナウィルスの影響もあり


テレワークにての


作業が増えてきました。


ますます今後も


オンラインによる


業務が増えるでしょう。


その中で、現在では


不動産会社において


「宅建士の常駐義務」を廃止し、


ITの活用等の業務体制を


確保した上での事務所以外の


勤務がOKとなっております。


(宅建士がいらなくなったわけではありません。)


以前までは、不動産の購入


にあたって、


不動産会社の窓口に行くのが


当たり前であった事も、


メールやライン等による


物件情報入手からの、


2021年4月から


不動産売買取引でも


非対面による


重要事項説明、(物件詳細説明)


をテレビ電話等の


端末上でも可能となりました。


(賃貸はすでに可)


諸条件等ありますが、


業務の効率化は


間違いなく変わります。


もちろん、


直接、対話しての


やり取りが大事では


ありますが、


現段階での


一つのオプションとして、


オンライン、IT化を


遂行し、


幅広くお客様の


希望に合わせられるように


対応できる事が必要であります。


なにぶん重要な


「不動産」を


扱う仕事の為、


懸念事項等ありますが、


乗り遅れない様に


しなければ。


と思います。






Commentaires


bottom of page