top of page
  • ttt

水素

脱炭素社会の鍵となるべく


言われている水素。


以前から水素社会と


聞いたことはありましたが、


東京五輪が終わり、


その後の選手村を


水素タウンにしようと


計画するなど、


実現が


現実味をおびてきました。


まだまだ地方への普及には


施策段階でもあるので


時間はかかりそうですが、


どの様な形となるのか


注目しております。


エネルギー政策に向けた


動きの中で注目される水素。


石油やガス、電気


今までの歴史の中で


その時代に適したエネルギーを


融合させてきたのですが、


まさか水素とは…


水素は、燃焼時に


二酸化炭素(CO2)を


発生させず、


発生するのは、


水だけというクリーンな


エネルギーであります。


CO2発生を抑えられる電気も


太陽光発電や風力発電等の


再生可能エネルギーがありますが、


やはり安定性に疑問があり、


天候や災害によって左右され


不安定であります。


一方で、


技術開発が進んでいる


水素については、


様々な資源から生成でき、


大量貯蔵、遠隔地輸送


が可能であることから


エネルギーの供給量を


平準化する事ができ、


環境に優しいとなれば


これはますます


早期実現を望みます。


これからの未来


地球温暖化や、


異常気象に対しての対策を


今から取り組まなければ


ならないことがあります。


エネルギーにおいての


キーポイント。


それは資源が充分にある


「水」であったのかもしれません。




Comments


bottom of page